有話跟你說–後ろから修飾するのはどんな時?

NobuhikoTazoe/ 12月 19, 2019/ やさしい中国語文法, 未分類

後ろから修飾ってどういうこと?

 

今日のレギュラーコースのレッスンで、こんな文がありました。

 

我回國以後,想找個有機會說中文的工作。

 

私は帰国した後に、中国語を話す機会のある仕事を探したいです。

 

有機會說中文の部分がわかりにくいですね。

 

「說中文」がそのまえにある「機會」を修飾しています。

つまり「後ろから前に」修飾しています。

 

中国語は基本的には日本語と同様に「前から後ろに」修飾するタイプの言語なので、上の文は中国語の修飾構造のルールからすると例外にあたります。

 

では、どのようなときにこの例外が起こるのかを覚えておくと実際に使いやすいでしょう。

 

有が目印です。

 

有+名詞+修飾語句

 

有のあとにくる名詞を修飾する場合はその後ろから修飾します。

 

 

例えば、

 

我有話要跟你說  あなたに話したいことがあるんだ。

 

我今天沒有時間去買東西  今日は買い物に行く時間がない。

 

こんな感じで結構よく出てきますので、「有」を目印に意味を理解してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share this Post